時色 何気ない日常の写真とひとりごと。

「月の満ち欠け」

b0326576_21192413.jpg


9月になったので気分転換に模様替えしてみました。
今日は最近読んだ本の話です。

📖📖📖

「月の満ち欠け」(佐藤正午:著)を読みました。
今年の直木賞受賞作です。

愛する人にもう一度逢うために
生まれ変わる物語。
今まで出会ったことのない不思議な話にひきつけられ
続きが気になり一気に読みました。
面白かったです。

ただ・・・
何回も生まれ変わるわ
登場人物は次々出てくるわ
時系列がわからなくなってくるわ、
で、誰が誰なのか、わからなくなり(^^;
何度も読み返しました。
(系統図を書いて確認したかったくらい(笑))

それに
生まれ変わるというのは、同じ数だけ「死」があるわけで
何度も「死」に直面し心が痛みました。

と、いろいろ書きましたが
心に残る物語でした。
読んでもすぐ内容を忘れてしまう物語もたくさんありますが
この本はきっと死ぬまで忘れないと思います。
というか、死ぬときに思い出すかもしれません。

余談ですが
母方の祖母が亡くなってすぐ
娘を妊娠しました。
母からは、娘は祖母の生まれ変わりだってよく言われます。
確かに性格のきついとことか、頑固なとことか、祖母に似てるかも(^^;

でも、娘が祖母の生まれ変わりかどうかは別として
もし、今、祖母と話ができるなら・・・

祖母の若いころの話が聞きたいな。
結婚する前の、女学生の頃の話。

というのは、まだ私が小学生だった頃。
祖母の女学生の時の写真を見たことがあります。
意外にも、とても可愛くて
びっくりしたことを 今でもはっきりと覚えています。
(失礼なって怒られそうですが(^^;)

祖母はどんな女学生時代を送っていたのか、
(今なら絶対モテたと思うけどそんな時代じゃなかっただろうし)
若いころの話、何も知らないので
もし今話ができるのなら、聞かせてほしいな、なんて
思ってしまいました。

こんなことを思ってしまうのも
この本の影響ですね(^^;

📖📖📖


最後に、文中でも出てくる言葉ですが

月のように何回も生まれ変わって死ぬか、
樹木のように子孫を残して死ぬか、

選べるとしたら

あなたはどちらを選びますか?




いつもご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村
ぽちっとしていただけると励みになります

[PR]
Commented by HiroPhoto1690 at 2017-09-01 21:23
面白そうで、理解するのが難しそうな本ですね。
真面目に答えますが(笑)樹木がいいです。
人生って楽しいことより悲しいことが何倍もあります。
それに最近は別れが多くて・・
もう、こんなにしんどいのはいいかなって思います。
あっ、ごめんなさい!マイナーで^^;
Commented by umitosora14 at 2017-09-01 21:50
今晩は^^
わたしは。。。樹木のように子孫を残して死ぬほうかな~
人生は、一度で良いかも^^;
だって、記憶を持って生まれ変わったとしても、
また、勉強する時期を過ごすの嫌です(笑)
それに、あれこれ知りすぎちゃうと、
かえって人生は面白くなくなるような気がするw
一度きりで、できる限り、悔いの無い生き方が出来れば、
夢が叶わなかったとしても、
それが、いちばん良いなぁ*^^*

お祖母さま、どんな女学生時代だったでしょうね?
きっと、男女同席なんて出来ない時代、
遠くから秘かに想いを寄せられてたんでしょうね^^
Commented by okikuiro at 2017-09-01 23:09
> HiroPhotoさん
私もやっぱり樹木です。
でも人生って楽しいことと悲しいことは同じ数だけあるって
聞いたことがありますよ。
きっと今から HiroPhotoさんに楽しいことがいっぱいやってくると思います(^^)v
9月お互い楽しみましょう♪
コメントありがとうございます。

Commented by okikuiro at 2017-09-01 23:15
> umiさん
私も同じです。
悔いのない人生を送れるよう
残りの人生を楽しめたらいいなって思います。
ただ、もし生まれ変われたら
全然違う人生を歩んでみたいなあとも思うんですけど(笑)
この本を読んでふと祖母の事、思い出しました。
あの写真、今もあるのかな、今度実家に行ったら母に聞いてみます。
私、祖母の顔に似たかったなあ~(*´▽`*)
ちなみに娘は祖母と性格は似てるけど顔は全く似てません(笑)

そんなことをいろいろと考えさせてくれた本でした。
やっぱりさすが直木賞ですね。
コメントありがとうございました。
Commented by hogecyan at 2017-09-01 23:54
私はどちらも選ばないなあ。
あるがままだし、なるように、なればいいと思っちゃう。笑

祖母。。。
私の祖母もどんな風だったか私は一緒に住まない
ところの孫だったので祖母は近寄りがたい存在でした。
でも、今話せるのなら
彼女の、子育ての秘訣を教えてもらいたい。
性格はともあれ3人の子供のいいところをきちんと伸ばして
育てる秘訣。(^^)
Commented by noboru-xx at 2017-09-02 12:28
もう、還暦も過ぎましたので、いかに死ねるかを考えるようになりました。

だから、森の中の樹木のように静かに朽ち果てたいですね(^^)v

もりとん生ある限り、精いっぱい生きますがね。
Commented by okikuiro at 2017-09-02 13:36
>keitoさん
あるがまま。いい言葉ですね。
若いころはあるがままだった気がする、いろんなことに。
年をとるごとに欲張りになっていくのかな。

>性格はともあれ3人の子供のいいところをきちんと伸ばして
育てる秘訣。
ああ!!私も教えていただきたかったです!!!
うちの三人の子は みんな成人してしまって、もう手遅れだけど・・・。
いいところを伸ばすって本当に難しいです。
コメントありがとうございます。


Commented by okikuiro at 2017-09-02 13:38
>のぼるさん
死ぬときは静かにそっと死にたいですね、わかります。
でも、のぼるさん、まだまだこれからやることはいっぱいありますよ(^^)v
お孫さんのためにも
頑張ってください(^_-)-☆
コメントありがとうございます。
Commented by たけだ at 2017-09-05 16:45 x
はじめまして。仕事中の息抜きでふらっとネットサーフィンをしていて、ふらっと立ち寄らせていただきました。
写真がきれいで、文章も面白く、次々に記事を読みもう息抜きではなくなりました。

本、おもしろそうですね。
先日「君の膵臓をたべたい」を購入したら、その日に息子に取られてしまったので、代わりに買います!
ブログと本、楽しみをありがとうございます。
Commented by okikuiro at 2017-09-05 22:50
> たけださん
はじめまして。
数あるブログの中からこちらへお立ち寄りくださいまして
本当にありがとうございます。
写真はコンデジとスマホで気の向くまま撮っています。
本や映画も写真と同じくらい大好きなので
感想をひとりごとのように書いています。
「君の膵臓をたべたい」とてもよかったです。
息子さんも本を読まれるんですね♪
あたたかなコメント本当に嬉しいです。
ありがとうございました。
たけださんのお薦めの本があればまた教えてください(*^-^*)
これからもどうかよろしくお願いします。
by okikuiro | 2017-09-01 20:53 | GR DIGITAL Ⅱ | Comments(10)