時色 何気ない日常の写真とひとりごと。

「ドリーム」

b0326576_22344676.jpg



中秋の名月も終わり
秋本番。

小さい頃、大人になったら
月に行くのが夢でした。
残念ながら・・・夢はそんなに簡単に叶わなかったのですが^^;

昔々、かぐや姫の物語の時代から、
人は月に行くことを夢見てきました。
そんな夢を導いたのは
NASAで働く黒人の女性たちだったということを
この映画を観るまで知りませんでした。


ということで、先日観た映画の話の続きです・・・。
お時間のない方はどうかスルーしてください。


「ドリーム」↓を観てきました。


観終わった後の爽快感!
爽やかな真っ青の秋空のようでした。

1960年、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の黒人女性たちが
性別や人種を超え、大きな夢へと導いた感動の実話です。

肌の色が違うだけでこんなにもひどい差別を受けていた時代。
そのことに文句を言うのではなく
持ち前の頭脳と明るさで立ち向かっていく彼女たちの姿が
ほんと、かっこいいです!

普段、できないこと、失敗したことを
体調のせいや、誰かのせいにしたりして文句を言っている自分が
恥ずかしくなりました。

彼女たちの行動によって
上司たちの考え方が変わっていくのが
爽快です。

当時の黒人女性たちが差別を受け辛い境遇だったのは
なんとなく知ってはいましたが
映画の中で目の当たりにすると怒りがこみ上げてきます。
それでも、彼女たちは自分に自信を持って生きている、その姿に感動しました。

ラストは拍手をおくりたくなる映画です。
素敵な映画に出会えてよかったです。




映画の話が続いてすいません(^^;
皆様へのご訪問も遅れております。ごめんなさい。
後ほどゆっくりお伺いしますm(__)m


コメント欄お休みします。
何かあればコチラへ→ 




いつもご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村
ぽちっとしていただけると励みになります

[PR]
by okikuiro | 2017-10-07 12:32 | LUMIX DMC-TZ10